pretty-351884_640-min
20代も後半になり、そろそろ真剣に結婚を意識しはじめた方はもちろん、もう少し先のことかな?と考えている20代前半の方も、「婚活」で幸せな結婚生活への第一歩を踏み出してください。

20代で婚活を始めることのメリットとは?

一昔前には、「女房と畳は新しい方が良い」などとも言われていたように、男性は誰でも内心は「結婚相手は若いほうがいい」と思っています。それは今でも変わらないようで、婚活の場においても20代の女性は一番の人気です。

20代から婚活を始める最大のメリットは、他の年代の方よりも男性からのアプローチが多く、たくさんのチャンスを得られるというところにあります。若いということは、それだけで十分な魅力になるということです。並みのルックスであったとしても、婚活の世界では、若いというだけで勝ち組になることができます。

乱暴な言い方をしてしまうと、「商品価値が高い」ということであり、完全な売り手市場ということです。今まであまり男性とお付き合いする機会がなかった方も、きっとモテモテになれることでしょう。しかし、その反面、デメリットも少なからずあります。

20代で婚活を始めることのデメリットとは?

恋人という関係ならば、バレなければ(感心できることではありませんが)二股をかけることも可能でしょう。しかし、結婚相手という伴侶は1度に1人しか選ぶことができません。もしもパートナー選びに失敗してしまうと、人生の貴重な時間を無駄にしてしまったり、傷付きながら別れることになってしまったりする可能性があります。

どのような方法を使って婚活をするにしても、まずは当人の女性に、相手男性の人柄を冷静に見極める判断力が必要なのですが、若く人生経験の浅い20代女性の中には、途中で必要以上に感情的になってしまい、失敗してしまう方が多いようです。

最初に、一生のパートナーを探す「婚活」と、甘く楽しい「恋愛」は別のものだと肝に銘じておく必要があるかも知れません。夢を追い理想を語る男性は、格好いいかもしれません。けれど、家計が苦しくなっても夢を追い続けるような夫を、支えていくことができるかどうか、一度考えてみてください。

逆に、収入はたくさんあるけれど、忙しくてすれ違いばかりの夫婦生活になってしまったら、それはそれで寂しいはずです。愛はあってもお金がない場合、お金の減少とともに愛も目減りする傾向にあります。お金はあっても愛がない場合、そもそもなぜ婚活をしてまで結婚したのか、自問自答する結末になってしまうかもしれません。

ほどよくバランスが取れていないと、夫婦生活は長続きしないものですが、若いうちは夢や憧れが大きくて、なかなかその辺りの見極めがつきません。どうしても相手男性のルックスや職業、収入などに目が行ってしまいがちですが、落ち着いて、本当に自分が望んでいる結婚生活がどういうものなのか、考えながら臨みましょう。

モテるだけに「逃した魚は大きかった……」となりかねない

婚活をするにあたって婚活サイトや結婚相談所に入会した場合、いただけるアプローチの数は、どうしても入会したばかりの早い時期に集中してしまいます。やはり「新入りさん」や「新人さん」というのは、どこでも人気があるようです。

けれど、同時にやり取りできる人数には限りがあります。真剣なお付き合いをしようというのですから、顔も知らないメル友と違って、いい加減な対応はできません。気に入った方とは、実際にお会いする機会もあるでしょう。

そうなると、残念ながら多くの方からのアプローチをお断りすることになります。なので、自分なりの選考基準を持って、しっかりと選別していかないと、後から後悔することにもなりかねません。最初にアプローチしてくれた男性と、その後も円満にお付き合いできるとは限らないからです。

その方と「やっぱりご縁がなかったみたい……」と別れた後に、お断りしてしまった他の男性のことが気になっても取り返しがつきません。自分の見る目のなさを嘆いても、「逃した魚は大きかった(かもしれない)」と後悔しても、気が滅入るばかりで何もいいことはありません。

アプローチの数は、入会して時間が経つにつれて徐々に減ってゆく傾向があります。そうなったときに、少ない選択肢の中から妥協して選ぶようなことにならないように、また最初の段階で素敵な人を逃さないためにも、真剣に対応してください。くれぐれも、「私ってモテるのね!これなら選り取り見取りだわ!」などと勘違いしないように。

最後に、婚活を始める20代女性の方にぜひ覚えておいていただきたいことがあります。それは、「何のために結婚するのか」ということです。披露宴でもよく言われる通り、結婚は2人の共同作業です。「自分が」幸せになりたいから結婚するのではなく、「2人が一緒に」幸せになれるような結婚生活を目指してパートナー選びをしてください。