old-woman-917608_640
60代女性の方の婚活事情や、人気イベントなどをお伝えします。老後を見据え、相続のことまで考えた関係性を築くことが大切です。

どんな人が60代からの結婚を目指すのか?

離婚や死別などの事情があって、老後は1人で過ごす心積もりだったけれど、やはり1人では寂しくなってしまったという方が多いようです。趣味や旅行を一緒に楽しみたいからパートナーを探しているという方もいらっしゃいますが、それも結局は寂しいという心の表れでしょう。

友だちと一緒にツアー旅行に参加しても、友だちには家に帰れば旦那さまが待っています。一緒に食べるお土産を買います。旅先で撮った写真を見せ、旅行の思い出を語る相手がいます。たとえ思ったような返事が返ってこなくても、聞かせる相手がいるのといないのでは大違いということです。

ひところ、「熟年離婚」という言葉が流行りましたが、その反動か今度は「熟年結婚」が流行のようです。芸能人の方などを見ても、60代でもまだまだ元気で、その年齢なりの美しさがあります。60代は「老後」ではないという意見もあり、もう一度人生を謳歌したいと思う方がいても不思議ではありません。

近年ではそれらに加え、両親の介護などで婚期を逃したまま年齢を重ねてしまい、これから人生を取り戻そうという方や、1人では寂しいという先の理由とは違って、老後の生活や健康面の「不安」から伴侶を求める方もいらっしゃいます。

男性も、同じ年代ならば年金暮らしなのだから、経済的に頼りにされても複雑な心境かもしれませんが、1人よりは2人のほうが何かと心強いということでしょう。昨今は熟年者の婚活もブームになりつつあります。シニア向けの婚活サービスが増えていることからもわかる通り、結婚したい60代は意外にも多いということです。

最近は60代でも婚活に取り組みやすい環境が整ってきています。「今さら……」とおっしゃらずに、ぜひ行動に移してください。イベントやパーティーに参加して、新しい友だちが増えるだけでも、張り合いが生まれてくるはずです。

熟年者の婚活では、バスツアーが人気

では、60代の方たちがどんな形で活動しているのかと言えば、お見合い型よりもイベント型、特にバスツアーが人気のようです。一般のツアーの場合、周りは若いカップルや中高年の夫婦など、1人で参加すると余計に寂しさが身に染みる結果になってしまったり、イベントもグループに分かれて行うものが多かったりして、心から楽しめないことがあります。

その点、婚活サービスの会社が主催しているバスツアーならば、全員が「おひとりさま」での参加なので、気兼ねすることなく旅行を楽しむことができるからです。中には、週末の気軽な小旅行として楽しんでいる方も多く、お相手探しは「ご縁があれば」程度のゆったりした気持ちで臨んでいる方もいらっしゃいます。

ツアーは同じ目的を持った同年代ばかりなので、気軽に周りの人に話しかけることができます。むしろ、話しかけてコミュニケーションを取ることが目的なので、いちいち「おばさんが話しかけたら迷惑ではないかしら」などと気に病む必要もありません。

籍を入れない事実婚という形式もアリです

連れ合いがいないと心細いから、寂しいからという理由でお相手探しを始めたものの、お互いにすでに子どもや孫などの家族がいることもあります。そうなると、婚姻届を出して籍を入れるということは、相続などの関係で別の心配が出てきます。

そのような場合、意外にも籍を入れずに「事実婚」という形で対処している方が多くいらっしゃいます。要は他人同士が一緒に暮らしているという形になるので、籍を入れている決定婚と違って、デメリットもあるのですが、熟年者にとってはメリットのほうが大きいようです。

まず、新しく子どもを作る年代ではないので、名字が違っていても子どもが困ることはなく、非嫡出子でかわいそう、などという心配はしないで済みます。配偶者控除が受けられなかったり、生命保険の受取人に指定しづらかったりという問題もありますが、今まで1人暮らしをしてきた人にとっては、大きな問題ではないのかもしれません。

それよりも、子どもや孫に相続のことで迷惑をかけないことや、改姓しなくていいので各所への手続きが最小限で済む、ということのほうが重要なようです。

婚活サービスは、アドバイザーのいるところが安心

婚活サービスを選ぶ際は、どんなイベントを行っているかという情報も大切ですが、条件をすり合わせてお相手探しの手助けをしてくれたり、年齢差をカバーして魅力を伝えるコツをアドバイスしてくれたりと、親身になって面倒を見てくれるアドバイザーがいるところをおすすめします。

いざ婚活を始めようと思っても、「恋愛」や「お見合い」を経験したのは何十年も前のことだし、デートやパーティーからも遠ざかって久しい。何から始めたらいいか、わからない。そんなとき、相談にのってくれるアドバイザーがいれば心強いはずです。心配事を最小限にして、憂いなく婚活を進めましょう。
婚活サイトで気になる異性とうまくいくための心構えを知っておくだけでかなり婚活は有利に進めることができます。

平均寿命が80歳を越えた今、60代はまだまだ若いと言えるでしょう。70代でも伴侶を求めて活動している方がいますし、60代で20歳年下のお嫁さんを見つけた方もいます。1人で寂しい老後をむかえるよりは、少しでも早く行動して、気の合うパートナーと楽しい人生を送りましょう。